Mie's Kitchen

料理レシピやエコフレンドリー生活をシェアしちゃいます

#5 おやつにお弁当のおかずに、ちょっとしたパーティーにも! グルテンフリーのハッシュカリフラワー

f:id:mieskitchen:20201119083452j:plain

おやつにおすすめ!ハッシュ・カリフラワー


 毎日の食事やおやつで、子供たちに如何にして野菜を食べさせるか。これって食事を作る時の永遠のテーマですよね。私が小さい頃に野菜が大嫌いだったように、実は下の二人の子供たちも野菜が大嫌い。彼らにどうやって野菜を美味しく食べさせるのかが、私の最大の食育テーマなのです。

その中で見つけたレシピがこのハッシュカリフラワー。そのまま食べても美味しくいただけますが、ケチャップを付けて食べるとケチャップの酸味が最高に美味しくて、おやつだけでなく、人が集まるパーティーなどにもおすすめの一品です。

このレシピでは大きめのカリフラワーを丸ごと一つ、芯まで無駄なく使い切ります。野菜が残ってしまう心配がないのも嬉しいですよね。カリフラワーだけでなくブロッコリーズッキーニ、もちろんハッシュの定番じゃがいもでも美味しく作れます♪

Jump to レシピ!

f:id:mieskitchen:20201119083944j:plain

冬から春にかけて旬のカリフラワーで作る「ハッシュカリフラワー」

 

 

材料は9つ

  • カリフラワー
  • パルメザンチーズ
  • 青ねぎ
  • にんにく
  • オリーブオイル
  • ドライバジル
  • たまご
  • お塩
  • ブラックペッパー

f:id:mieskitchen:20201119084342j:plain

材料は9つ

 
カリフラワーについて

カリフラワーは淡色野菜で苦味などもなく、比較的調理しやすい野菜ですが、見た目や食感に特徴があるため子供たちには人気のない野菜のひとつ。

カリフラワーはブロッコリーが突然変異したものと言われ、アブラナ科アブラナ属でキャベツや青梗菜の仲間です。旬は秋から春。お花の蕾部分を食べますが、芯の方が甘味があるので捨てずに食べちゃいましょう。

カリフラワーの栄養価

カリフラワーは食物繊維(不溶性)、免疫力を高めるビタミンCやむくみの原因になる塩分の排泄に重要なカリウムが豊富。

低糖質でファイトケミカル野菜と言われ、減量やダイエット、糖質制限中の方の主食の代替え食品として近年、特に注目されています。その他、カリウムが豊富なバナナの代わりにスムージーに入れるのもおすすめ。

そして、 カリフラワーは火を通すと柔らかくなり潰しやすく、ほんのり甘味があるため離乳食にもおすすめです! 

 カリフラワーの保存方法

冷蔵、冷凍保存が可能です。冷凍する場合は小房で下茹でするか、私のおすすめは大きなお鍋で丸ごとひとつを下茹でした後に小分けにする方法。小房で茹でるよりも茹で時間は長くなりますが、露出面が少なくなるため栄養素が壊れにくくなります。

スムージーに使う場合は生のまま小房にした状態で冷凍します。(茹でる必要はありません) 

レシピ

作り方

① 洗ったカリフラワーは葉っぱを切り取り小房に分け、大きめのボールにチーズおろしの荒い面ですり下ろします。

② すり下ろしたカリフラワーに小さじ1/2のお塩をふり、軽く混ぜ合わせ15分ほどおく。

  オーブンを予熱200度に設定します。

③ 布巾を被せたボールに②を移し、出来る限りの水分を絞り出す。

④ 大きめのボールに、水分を絞り出したカリフラワーを移し、にんにく、青ねぎ、ドライバジル、お塩、ブラックペッパー、パルメザンチーズ、たまご、オリーブオイルを入れ混ぜ合わせる。

⑤ トレーにオーブンシートを敷き、厚さは約0.5〜1cm、お好みの大きさに整え、間隔をあけて置いていく。

※カリフラワーの大きさ、作る大きさにもよりますが6〜7枚が目安です。

⑥ オーブン200度で25〜30分。パリパリの茶色目にしたい場合は35〜40分。

⑦ 焼き上がり、余分な部分はカットして、ケッチャップを添えてお召し上がりください。

f:id:mieskitchen:20201120102148j:plain

作り方 ①〜③

f:id:mieskitchen:20201120102406j:plain

作り方 ③〜④

f:id:mieskitchen:20201120102805j:plain

作り方 ⑤

f:id:mieskitchen:20201120103056j:plain

作り方 ⑥〜⑦

 

スポンサーリンク

 

 材料

  • 1個 大きい目カリフラワー
  • 50g パルメザンチーズ
  • 5〜6本 青ねぎ
  • 3〜5片 にんにく
  • 1Tbsp オリーブオイル
  • 1Tsp ドライバジル
  • Large1 たまご
  • 1/2〜1Tsp お塩(海塩もしくは岩塩を)
  • 1/4〜1/2Tsp ブラックペッパー

 ※ Tbspは大さじ、Tspは小さじ

ポイント

  • 水分が多いと形を整えるのが大変。布巾で絞る時に出来るだけ水分を絞り出してください。
  • にんにくは出来るだけ細かくみじん切り、もしくはすり下ろしもおすすめです。
  • ドライバジルはなくても問題なし。
  • たまごが小さい場合は2個入れてもOKです。生地が柔らかくなる場合はパン粉もしくはアーモンドプードル、おから粉などを少し足してみましょう。
  • お塩ですが、しっかり味つけしたい場合は1Tspを、そうでなければ1/4〜1/2Tspがおすすめです。
  • ブラックペッパーは1/2Tsp入れると大人味。お子様が食べるときは1/4Tspもしくはほんの少しが良いですね。

 ※Tspは小さじ

Enjoy!!

 

このレシピで作ってみよう!良かったよ!と思ってもらえたら、下のアイコンをポチッと押してくれるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ
にほんブログ村

  今回使用したキッチン用品とおすすめ食材

★チーズおろし

チーズおろしは2つ持っていますが、今回は海外に住んでいた時に購入した、生姜やにんにく、フルーツの皮などがおろしやすい物を使用しました。

新しく購入する場合はハンドル付きの物がおすすめです。

 

 

★オーブンシート

シートについてはこちらも使い分けをしています。

↓繰り返し使える商品

 ↓使い捨ての商品

★スパイス&ハーブはiHerbから

私が愛用しているスパイスやハーブは「Simply Organic」の物が多いです。普段はiHerbから購入しています。iHerbを利用する場合、紹介コードがありますのでぜひご利用ください。5%OFFでご購入可能です。

紹介コード:BWL9932

★Simply Organic ドライバジル

今回は在庫を切らしてしまったため、別のブランドのものを使用していますが、いつもは「Simply Organic」の物を利用しています。